自立を助ける介護

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 自立を助ける介護

介護福祉士の仕事と言うのは、病人や高齢者の介護をすることですが、ただ介護をすれば良いというものでもありません。

もちろん普段やっている介護を介護福祉士さんにやってもらえれば、家族の負担も減りますし、それも介護福祉士の仕事の一部としては絶対に必要な側面でもありますが、介護福祉士は経験や知識や実践を積んだ介護のプロですので、他の視点からも介護を考えていかなくてはなりません。

介護福祉士が自分の知識や経験を使ってやることは、要介護者の自立を助けその人らしい社会生活を送れるようにする介護をするということです。

自立を助ける介護をしないで、あらゆる事をやってあげてしまうことは,気持ちとしてはやってあげたいと言う気持ちや助けてあげたいという気持ちからやってしまうことだとは思いますが、要介護者の将来を見据えた介護ではないのです。

自分できることもやってあげてしまうことは、要介護者が自分から体を動かせる機会を奪ってしまい、その他の機能にも悪影響が出かねません。

それを防ぐためにも自分で出来ることはやってもらったり、興味を持つ事をやってもらったり、色々な所と連携を図って様々な方向からアプローチすることで、要介護者の社会生活を取り戻せるようにします。

また、その方法や知識を肉体的にも精神的にも負担の多い、要介護者本人の家族にもしっかり指導して、家族も本人もなるべくストレスを感じないような介護の方法を学んでいってもらうことが介護福祉士の仕事なのではないかと私は考えます。


Copyright(c) 2009-2014 JAPANディレクトリ All Rights Reserved.