任意保険について

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 任意保険について

“任意保険”というのは対人の自賠責保険だけではカバーできない、交通事故で破損したガードレールや電柱、建物といった物に対する賠償や加害者自身のけが、自動車本体の損害に対する補償を補うのが目的の保険で別名を“自賠責保険の上乗せ保険”とも呼ばれています。

また車の所有者が自ら選んで加入するもので、その種類には“対人賠償保険”、“対物賠償保険”、“自損事故保険”、“車両保険”、“搭乗者傷害保険”、“人身傷害補償保険”、“無保険車傷害保険”、“シートベルト保険”、“ドライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)”、“自動車管理者賠償責任保険”、“交通傷害相互保険”など保険会社によってさまざまなものがあり、それぞれをバラで掛けることもできますし、“自家用自動車総合保険(SAP=Special Automobile Policy)”や“一般自動車保険(BAP=Basic Automobile Policy)”、“自動車総合保険(PAP=Package Automobile Policy)”というように任意保険のいくつかがセットになって販売されているものもあります。

群馬の某保険会社の話によると、自賠責保険の場合は交通事故で被害者によほどの過失が無い限り減額されることはありませんが、自賠責保険を超えた部分を支払うための保険であるこれらの“任意保険”には、加害者と被害者双方の過失の割合に応じて保険金が支払われる“過失相殺”が適用されます。

そこで被害者に過失がある場合、治療にかかる医療費は被害者自身の健康保険を使って自賠責保険の補償の範囲内で納める必要があります。


Copyright(c) 2009-2014 JAPANディレクトリ All Rights Reserved.