弁護士でなくて司法書士に依頼した方がよいこともある

HOMEビジネス関連, その他のウェブサイト, 記事一覧 > 弁護士でなくて司法書士に依頼した方がよいこともある


過払い請求は弁護士に依頼するのが一派案には多いですが、場合によっては司法書士にお願いしてもいい場合があります。過払い金返還請求については、借りた本人が全く個人であっても裁判所に提訴できます。もちろん、専門知識が必要ですので、それほど簡単なことではありません。また、本人以外の資格を持たない人が過払い金返還請求をおこなう事は法律で禁止されています。従って依頼できるのは弁護士か司法書士ということになります。
現在月々の返済に問題がなく、すでに完済した借金に過払いがあったので、その分を返還請求したいという場合。これは弁護士でもいいし、司法書士でもいいでしょう。考えなければいけないのは、月々の返済が困難な、経済的に行き詰った状態で、消費者金融に過払いがある場合です。自己破産になるか、あるいは夜逃げするか、行き詰ってしまった時です。弁護士に借金の整理を依頼し、過払い金の返還請求をすることもよい選択ではあります。これは公の機関を通さない(個人+弁護士)対(消費者金融)という指摘債務の整理になり、弁護士費用としてある程度の出費を覚悟しなければいけないでしょう。
もう一つ、簡易裁判所を通して行う「特定調停」という方法があります。これは簡易裁判所に仲裁を頼み、裁判所が専任した調停委員に消費者金融との間に入ってもらい、借金の整理を行う方法です。この手続きでも利息の過払い金は法律にそって返還させることができるのです。直接裁判所に出向いて手続きを行うので、かかった費用も印紙代数千円くらいですんでしまいます。


Copyright(c) 2009-2014 JAPANディレクトリ All Rights Reserved.