債務整理の知識(過払い金とは)

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 債務整理の知識(過払い金とは)

任意整理の知識の中でも出てきましたが、千葉で弁護士が取引履歴や経過を業者から取り寄せて確認し、利息制限法に基づいて正しい借金の額に計算し直した結果、過払い金が発生していた場合は、返還請求に変わりますが、それでは、過払い金というのは一体どのようなものなのでしょうか。

過払い金というのは、過去に借金を返済したモノの中で、過剰に支払いをしすぎた利息部分のことを言います。

現在は法律での取り締まりが強化されていますが、過去には貸金業者が高い利息を設定していた時代もありますので、過去に遡って計算した場合、このような過払い金というのが発生しているケースも多く見られます。

このような過払い金については、貸金業者に返還を要求することができますので、借金の精算を行う際のプラスになると考えて良いでしょう。

過払い金のある貸金業者に対しては、過払い金返還請求を行うことによって借金を0円にすることが出来ますし、もちろん、返還してもらったお金を借金の精算に使うことができますので、過払い金があるかどうかを調べてもらうことは、債務整理を行う上でとても重要なポイントであるといえるでしょう。

もちろん、過払い金があるかどうかを正確に知るためには、法律の知識なども必要になってきますし、過払い金に関しては、訴訟も多くありますので、やはり専門家に手続きをお願いしたほうが安心だといえるでしょう。

また、過払い金があった場合にも、貸金業者と和解を選ぶケースもたくさんありますので、どのような方法で債務整理を行うのか、弁護士とよく相談して、考えてみましょう。


Copyright(c) 2009-2014 JAPANディレクトリ All Rights Reserved.