大阪の交通事故対策

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 大阪の交通事故対策


大阪の交通事故で道路改修などハード面での工夫はどうなっているのでしょうか。大阪では、交通事故の発生しやすい個所について、重点地域を指定して整備しています。まず、高齢の歩行者を守るために、歩道の整備を行っています。車いすでも横断歩道が安心できて渡れるように、段差を少なくしています。また、小学校の近くなどでは、登校時の事故を防ぐために、歩道の幅を広げ、子供たちの安全を確保しています。
渋滞は人の気持ちをイライラさせるだけでなく、脇見などによる追突事故も多くなります。また、渋滞の車をぬって歩行者が飛び出す危険もあります。そこで渋滞緩和策として、渋滞の起こりやすいところには車線を増やして対応しています。
見やすい信号や標識というのも交通事故を防ぐ大事な要素になります。道路上に書かれた注意喚起の文字表示や、標識や信号のLED化などにより、ドライバーが危険を早く認知できるような工夫がされています。


Copyright(c) 2009-2014 JAPANディレクトリ All Rights Reserved.