消費者金融とは

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 消費者金融とは

みなさんの中では、やはり「債務整理」や「過払い金返金請求」などということが起こるのは「消費者金融」というイメージが強いのではないでしょうか。

もちろん、千葉の弁護士事務所では「債務整理」や「過払い金返金請求」の手続きを行う場合、相手が消費者金融でなくても手続きを行うことは可能です。

近年では消費者金融もさまざまな方法でプロモーションを行なっているため、電車内の広告やテレビコマーシャルなどで、いかにも簡単に借り入れができるイメージで消費者が足を運びやすい雰囲気となっていますが、実際には消費者金融というのはどのようなものなのでしょうか。

まず、消費者金融というのは、消費者信用と呼ばれる貸金サービスのうち、個人への個口の貸付を行うケースのことを言います。

いわゆる、会社が事業を行うために借り入れをするというケースとはまったく異なったものとなりますので、注意が必要です。

消費者金融という言葉はこれ以外にも、貸金業の業者そのものを指したり、とくに一般個人への貸金業の中でも無担保で融資を行うものを言ったりするケースが多くあります。

日本人の10人に1人は消費者金融を利用していると言われていますので、かなりの利用者がいるはずです。

消費者金融の金利については、みなし弁済のところでも少し触れましたが、利息制限法や出資法に基づいた形での利率としなくてはなりません。

消費者金融については、昔はサラ金や街金と言った名称がよく使われていましたが、さまざまな社会問題を経て、現在では女性などの利用も多くなったことから、消費者金融という言葉が定着しつつあるようです。


Copyright(c) 2009-2014 JAPANディレクトリ All Rights Reserved.