会社破産と弁護士

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 会社破産と弁護士

企業の経営において、資金繰りというのは、悩みのひとつとなる大きな問題ですが、この資金繰りに行き詰まった状態をそのまま放置しておくと、当然ですが資金繰りの状況は悪化していきます。

債権者が、少しでもその債権を取り戻そうと、会社に押しかけて来るケースもあり、強引な取り立てに走る債権者がいないとも限りません。

相当な精神的なストレスになることは間違いありませんので、経営者といえども、正直逃げてしまいたいと思うと思いますが、ここで会社を放置してしまってはさらに状況は悪化するばかりになりますので、会社破産をする場合には、いきなり放り出して逃げたりするのではなく、きちんとした破産の手続きをすることが大切になります。

会社破産の手続きは、きちんと行えばメリットもいろいろとありますので、勇気を出して破産の手続きを進めることも必要なことになります。

弁護士が破産の手続きの依頼を受けた場合には、速やかに債権者や取引先に会社破産の受任通知を発行したり、営業所などの場合には、その通知を張り紙したりすることによって、財産を保全することができます。

財産の保全というのは、企業にとっても、また経営者にとっても大切なことです。

会社を破産させてしまうような場合には、会社の収支がきちんと管理できていないというケースもありますので、いったん財産の保全をすることによって、経営状態を正確に把握することができます。

また、通知が出された時点で、経営者や家族への請求や取立行為をやめさせることができますので、それだけでも精神的な負担は少なくなるのではないでしょうか。


Copyright(c) 2009-2014 JAPANディレクトリ All Rights Reserved.