遺言書の種類≪普通方式≫

HOMEその他のウェブサイト, 記事一覧 > 遺言書の種類≪普通方式≫

民法では“遺言書”は“普通方式”と“特別方式”とに分けられていますが、ここでは一般に使用される“普通方式”について見てみることにしましょう。

“普通方式”のまず1つ目“自筆証書遺言”というのは、遺言者本人が自筆して押印するだけの最も簡単な遺言書で費用が殆どかからず手軽に作成できるうえに、遺言を行ったことを秘密にしておくことができるというメリットもあります。

けれども自分だけですると形式に不備があったり、記載された財産が特定できないなどちょっとした部分でひっかかって無効となったり、紛失や偽造の恐れもあるので弁護士法人などの弁護士のアドバイスを受けて作成するのが理想です。

また相続人は、被相続人が亡くなった後で遺言書を一定期間内に家庭裁判所に提出して検認を請求しなければなりませんし、封印されているものは相続人立ち会いの元に家庭裁判所で開封しなければならないことになっています。

“普通方式”の2つ目“公正証書遺言”というのは、公証人が公証役場において口述筆記で作成するもので、費用や手間はかかりますが専門家が作成してくれて原本を保管してくれるので偽造などの心配もなくて安心できますし、すぐに登記などの手続きが行えるというメリットがあります。

“普通方式”の3つ目“秘密証書遺言”というのは、遺言書の内容を秘密にしておくことのできるもので、遺言者が遺言の内容を記載した書面に署名・押印したものを公証人1人と証人2人以上の前で提出して封緘し、その上に公証人が日付と遺言者の申し出があったことを記載します。

“自筆証書遺言”と違って自筆する必要はないので、ワープロによって作成されたものでも代筆してもらったものでも良いことになっています。


Copyright(c) 2009-2014 JAPANディレクトリ All Rights Reserved.