自己破産とは

債務整理の1つ“自己破産”は、他の債務整理の方法では返済が不可能であると裁判所が認めた場合に、法の力によってすべての借金をゼロにすることのできる手続きです。

その代わりに代償も多く、住宅や車、原則として20万円以上で資産価値のあるものはすべて没収され、ブラックリストにも載ってしまうために5年〜10年は新たな借り入れやクレジットカードをつくることができなくなってしまいますが、任意整理や民事再生、特定調停といった他の債務整理の手続きのように残債を支払うための安定した収入が条件となってはいません。

連帯保証人をつけている場合は支払いの義務が保証人に移ってしまうことになるので、他の方法で債務整理を行うか、あるいは保証人も一緒に自己破産などの手続きをするかをじっくりと話し合う必要があります。

また、他の債務整理とは違って借金の原因が浪費やギャンブルといったものの場合には手続きとることができなかったり、手続き期間中は警備員や保険外交員、宅地建物取引主任者、損害保険代理店、証券会社の外交員、会社の取締役や監査役といった職業には就くことができないという決まりもあります。

とはいえ、99万円までの現金や生活するために必要最小限の家財道具、20万円までの預貯金、有価証券、保険は残すことができますし、何よりもこれまで苦しめ続けられてきた借金が無くなる喜びというのは、さまざまなデメリットや喪失感を埋めあわせても余りあるほどだと言われます。


Copyright(c) 2009-2014 JAPANディレクトリ All Rights Reserved.